アフリカにあるソマリアの一部で、「謎の独立国家」と言われている「ソマリランド」という国はどんな国かご存知でしょうか?今回はそんな「ソマリランド」へ実際に赴き、日本車の中古車が走る街並みや、ユニークな観光名所、歴史的な遺産などを見てきました。 1901年にはイギリス保護領、1914年にはイギリス植民地となります。 第2次大戦後、アフリカ各地では独立の気運が高まります。 特にフランスでは1960年に 「シャルル・ド・ゴール」 さんが自国の13ものアフリカの植民地の独立を認めています。 アフリカの情勢は不安定で貧しさで苦しむ国や地域が多くあるのが現状です。 その原因の1つに紛争 があり、かつては多くの国で紛争が起こっていました。. 1978年、エチオピアとソマリアの間で戦争が起こりました。 1914 英国、ドイツ タンガニーカ・英領東アフリカ国境勢力範囲の確認 国境の画定 草案である が、現在内 容は有効と される 1894 コンゴ独立国、フラ ンス フランス領コンゴ・コンゴ国境 勢力範囲の確認 1894 フランス、ドイツ チャド湖 勢力範囲の確認 1895 1896 アフリカの独立国 (赤文字は1914年の独立国名) イギリス領 フランス領 ドイツ領 ポルトガル領 ベルギー領 スペイン領 イタリア領 エキスパートB 1914年のアフリカの植民地分割 『新詳地理B』p.271 ウガンダ ケニア タンザニア ヴィクトリア湖 民族集団の境界 1960年は、アフリカの黒人が白人の植民地支配から脱して次々と独立を達成、アフリカの年といわれていた。またアメリカ合衆国においても黒人差別の撤廃を求める公民権運動が激しさを増していた。 奴隷制度が始まったきっかけと、アメリカの建国の歴史を見ていきましょう。今でも人種差別や人権問題が大きく報道されるアメリカの歴史的な背景を理解する事で、彼らの文化がもっと深くわかるはずです。アフリカ系アメリカ人達が今でも厳しい生活環境にある事は事実です。 現在はそうした紛争も数を減らしてはいるものの、続いていたり、終結したあとも影響が出続けている紛争もあります。 国政府は、保護関税や補助金による国内市場の保護政策と将来の市場確保のために植民地獲得 政策に乗り出していった6。」のである。 1.5 アフリカの独立 1960 年を中心に、アフリカ諸国は政治的独立を遂げた。それぞれの国によって独立の形は違 ※1:1991年6月にソマリランド共和国(Republic of Somaliland)として一方的に独立を宣言、 国際的には国家として承認されていない。 数壷に戻る みさきちの壷TOPに戻る これは、アフリカ系の人々によるアフリカの歴史的復権と独立、統一を目指す思想で、57年にはパン・アフリカニズムの指導者エンクルマに率いられたガーナが、サハラ以南初の独立国となった。 フランス共同体. アフリカ中部の国、カメルーン共和国が長期にわたり保ってきた「安定」が今大きく揺るがされている。カメルーンは歴史上、政治的安定を保っていると称されてきた国である。1960年の独立以来、近年まで武力紛争もクーデターも一切経験していない。1982年以降37 工業製品を輸入する国が多い。 2000年以降、サブサハラアフリカは安定した経済成 長を実現している。2004年以降の平均gdp成長率は年 6%を継続している。これは資源価格の急騰と、それに 伴うアフリカ内陸国における資源開発の寄与が大きいと 例として板橋区の一部を1947年に分離して設立された練馬区では2017年に練馬区独立70周年記念事業を実施している 。 市町村などが擬似的な国( ミニ独立国 )を立ち上げる際にも「独立」と表現する場合 … 21世紀に入って誕生した国 2012年4月現在、21世紀に入ってから6つの国が誕生しています。 独立国、独立年、そしてどこから独立したのかをまとめていきましょう。 国名独立年地域どこから独立したか 東ティモール2002年東南アジアインドネシア セル ドイツ・オーストリア・イタリアの三国は三国同盟(さんごくどうめい、Triple Alliance )を結び、同盟国(どうめいこく)と言われます。 1960年生アフリカの都市と言いますが、シャルルドゴール大統領によって独立が認められたフランスを初め、アフリカで17カ国が独立を達成したのです。 . 次いで、翌59年には戦後のアフリカ独立の第一号となったガーナに大使館を開きましたが、アフリカの年、1960年時点をとっても、わが国のアフリカに於ける在外公館網は大使館4(ナイジェリア、コンゴーが加わる)、領事館2(南ア、ケニア)の僅か6公館体制でした。 アフリカ大陸の20の国が2004年から2006年のgdp経済成長率の平均が5%を超え、インフレ率が10年前の5分の1になり、経済実績は良い状態を示しています。 しかし1日1ドルで生活する人が2004年時点で全人口の41.1%、 18か国で飢餓率が35%を超え 、依然として貧困問題は深刻な状態です。 亡命政府はアフリカ連合に加盟し,40数か国が承認していますが,日本政府は承認していません。 ソマリランド(ソマリランド共和国) ソマリア北西部の旧英領ソマリランド地域は,1960年6月26日にソマリランド国として独立しましたが,5日後の7月1日にソマリアと統合されました。 世界一新しい国(最も新しい国)として6つの独立国家を一覧として紹介していきます。加えて、今後独立するかもしれない候補地域もまとめていきます。現在の世界には196が国々が存在しているとされ、未承認の国を含めれば、その数はもう少し増えます。 アフリカは植民地支配を受けていた国がとても多い地域です。 中でもアフリカに近いヨーロッパの国々から支配されてきました。 アフリカには独立を守った国家が4つ存在します。(第一次世界大戦以降) エジプト、エチオピア、南アフリカ、リベリアです。 アフリカの国々にとって、1960年は象徴的な記念すべき年です。この年、なんと17か国が独立を達成。アフリカの脱植民地化が加速したからです。このため、1960年は別名「アフリカの年」(Year of Africa)と呼ばれます。 社会主義への影響. (1)次の図3の地図に、1914年当時 のアフリカの独立国を黄、イギ リス領を青、フランス領を赤で 着色しよう。 (2)アフリカで民族紛争が多発す る理由を、図3と図4を参考に して〔 旧宗主国 人為的国境 〕 の語句を用いて説明してみよう。 アフリカは18世紀から19世紀後半にかけてヨーロッパ諸国の植民地支配下にありましたが、1960年代に入ると次々と多くの国が独立を果たしました。そのため1960年を、アフリカの急激な政治的変化を象徴するとしてアフリカの年と呼びます。 1914年から起きた第一次世界大戦では、ドイツ・オーストリア・トルコなどの陣営と、イギリス・フランス・ロシアなどによる陣営とが戦争をしていました。. ・アメリカの独立前です。 1914年 ・第一次世界大戦の勃発年です。ドイツとトルコの植民地がイギリスとフランスに渡ります。 1938年 ・第二次世界大戦の前年です。 1959年 ・世界的な独立のムーブメントにより、多くの国が独立しています。 アフリカの植民地分割と独立 第一次世界大戦(1914年)以前の独立国は,エチオピア・リベリア・南アフリカ共和国の3か国だけである。 第二次世界大戦後,アフリカ諸国は次々と植民地から独立した。