2020.08.29 人事異動に関するお知らせ . お知らせダイヤモンド・チェーンストア誌の記事が読み放題!DCS onlinle + 始まる, トップ » 経営 » 410㎡の冷凍食品売場!マックスバリュ西日本の最新型「ザ・ビッグ」の売場が反映する戦略とは, イオン(千葉県/吉田昭夫社長)傘下で複数の事業会社が運営しているディスカウント業態の「ザ・ビッグ」。本稿では、ザ・ビッグ発祥の地である広島県を中心に瀬戸内エリアで同業態を展開するマックスバリュ西日本(広島県/平尾健一社長)の取り組みを解説。最新店舗である「ザ・ビッグ綾羅木店」(山口県下関市:以下、綾羅木店)での施策を軸に、同社のザ・ビッグ事業の戦略を紐解く。, イオン傘下で中国・四国エリアの食品スーパー(SM)事業を運営するマックスバリュ西日本は、2020年10月17日、ディスカウントストア(DS)業態の綾羅木店を開業した。9月30日に閉店した「ザ・ビッグ安岡店」(山口県下関市:以下、安岡店)から約400メートル南に位置し、衣食住をフルラインで展開。圧倒的な低価格と品揃えにより、下関エリアでシェアナンバーワンをめざす。, ザ・ビッグは、広島県を中心に総合スーパー(GMS)を運営し、1980年代末以降DS業態に転換したみどりを発祥とする。みどりは99年、広島県を拠点とするSMの山陽ウェルマートと合併して山陽マックスバリューとなった後、2000年8月、マックスバリュ西日本と合併した。マックスバリュ西日本では、山陽3県と、高知県を除く四国エリアでザ・ビッグを展開するほか、19年5月に「ザ・ビッグ境港店」(鳥取県境港市)を開業し、山陰エリアにも進出。マックスバリュ西日本が運営するザ・ビッグの店舗数は43店舗となっている(20年10月時点)。, マックスバリュ西日本は、市街地でSM業態の「マックスバリュ」を展開する一方、郊外では広域商圏型のDS業態であるザ・ビッグを展開するというエリア戦略をとっている。ザ・ビッグの標準的な店舗フォーマットは売場面積4000㎡で、約8000品目の食品を含め、衣食住のフルラインで約3万2000品目を取り扱う。非食品の分野も幅広く取り扱ってきたみどりからの実績やノウハウを生かし、食料品だけでなく、生活全般にわたって地域の消費者ニーズに応える品揃えや売場づくりを行っているのが特徴だ。イオングループのプライベートブランド(PB)「トップバリュ」のほか、ナショナルブランド(NB)やローカルブランドを交えて、商品面での差別化を図っている。, 綾羅木店の直営売場面積は4632㎡。1階の食品売場と2階の非食品売場の2層構造だった安岡店に対し、綾羅木店はレジを1カ所に集約させたワンフロアで売場を展開している。通路幅がより広く確保され、買い回りしやすいレイアウトとなった。, 綾羅木店での食品と非食品との面積比率は1:1で、食品売場が約7割を占める標準的な既存店に比べて非食品売場の比率が高いのが特徴だ。その理由は, この記事は、有料会員限定です。会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。詳しくはこちら, 1970年4月に設立された「流通ビジネスを元気にする」流通情報出版社です。「ダイヤモンド・チェーンストア」「ダイヤモンド・ホームセンター」「ダイヤモンド・ドラッグストア」の雑誌3誌をはじめ、各種媒体の制作・発行、販促支援ツールの企画制作、セミナーの企画運営など、流通業界を中心に幅広く事業を展開しています。, ダイヤモンド・チェーンストア2020年12月15日・2021年1月1日合併号「成長爆速! 駐車場 有. マックスバリュ (MaxValu) は、イオングループの国内9法人及び海外4法人が展開するスーパーマーケット (SM) である。食品を中心に取り扱い、日本国内で740店舗[注 1]、海外で92店舗展開している(2020年2月時点)。店舗ブランドだけをとるならば、国内最大のスーパーマーケットである。現在、日本で唯一北海道から沖縄県まで全国でチェーン展開しているスーパーマーケットである[注 2]。, 3代目(現行ロゴ)を附した店舗の例。マックスバリュ吉塚店(福岡県福岡市)※閉店済。元・ダイエー店舗, 初代ロゴを附した店舗の例。マックスバリュ(旧・マックスバリュー)芸濃店(三重県津市)※閉店済, 1994年10月28日に1号店、マックスバリュー江刺店(岩手県江刺市、現在の奥州市江刺、2019年1月31日閉店[注 3])が開店した。開発当初の名前は「マックスバリュー」(MAXVALU) で、1998年11月の新店から現在の「マックスバリュ」に改称され、店舗ロゴも刷新された[注 4]。, スーパースーパーマーケット(SSM)と呼ばれる大型スーパーマーケットとドラッグストアをコンビネーションした業態として、アメリカのフード&ドラッグ(FOOD&DRUG)のコンビネーションストアを参考に開発されたとされている。1993年に発足したプロジェクトチームによりコンセプトが作成され、売場面積3000m2、商圏人口3万人など、開発当初はフォーマットが細かく設定された。, 現在はスーパーマーケット業態として食品が中心の品揃えとなっている。営業時間が長く、年中無休で24時間営業を行っている店舗も多いため、他のスーパーマーケットだけでなくコンビニエンスストアとも競合している。一方、大規模形店舗には近隣型ショッピングセンター (NSC) の核店舗として出店している例もある。2010年2月20日にイオンリテールからの事業譲渡(実質的な分社)により新しく6社のマックスバリュ地域法人が発足し、大半のNSCの運営母体が各法人に移行した。, マックスバリュ各地域法人が運営しているヤオハン、ジョイフル東海、ハロー、アーガス、くらし館[注 5]、札幌フードセンター、ジョイ、いちまる、KOHYO、ピーコックストア、レッドキャベツなどのイオングループによる合併・買収前の屋号の店舗も、売場面積などでマックスバリュの掲げる条件に沿う店舗については、改装などのタイミングでマックスバリュに屋号変更される傾向にある。一部の各地域法人運営店舗では、マックスバリュの掲げる条件に合致しない店舗であっても店舗ブランドを「マックスバリュ」やその派生業態(後述)に統一する事例がある一方で、2008年以降はこれまでとは逆にマックスバリュ店舗をディスカウントストアである「ザ・ビッグ」に業態転換する事例も増加し、「マックスバリュ」が全て「ザ・ビッグ」に転換された事で存在しなくなった地域も存在する(後述)。またマックスバリュからKOHYOやマルナカに改装した店舗もある。, なお、2011年3月に総合スーパーを「イオン」に統一するのに先駆け、同年1月29日に「ヤオハン」から屋号変更した稲取店・湯河原店から、左側[注 6]に「ÆON」ロゴを配置した店舗ブランドロゴ(表記上は「ÆON MaxValu」)にマイナーチェンジされており、以降に開店した新店舗でも「ÆON」ロゴ入りの店舗ブランドロゴを用いる(なお、「ザ・ビッグ」に関しても2011年1月以降に新規開業した店舗は「ÆON」ロゴ入りの店舗ブランドロゴにマイナーチェンジされている)。, 国内ではテレビCMソングとして、また、店内BGMとしてマックスバリュのテーマソングが流れている。マックスバリュの名称でない店舗の一部でも店内BGMとしてマックスバリュのテーマソングが流れているものもある。, マックスバリュエクスプレスの看板(2代目ロゴの新ロゴ)の例。マックスバリュエクスプレス姪浜駅前店(福岡県福岡市), マックスバリュでは以下のような統一サービスデーを展開している。同じ運営会社であっても「ザ・ビッグ」では適用されない企画も存在する。, 国内の店舗では毎月20日・30日(2月は月末)に、イオンカードやイオン銀行のイオンバンクカード、イオンオーナーズカード、W提示の全額イオンカード、現金、イオン商品券(ダイエー商品券などイオングループ各社発行の商品券を含む。)、イオンギフトカード、電子マネーWAONでの支払い(商品券、ギフトカードと電子マネーWAONの併用にはこれらのカードの提示が必要。)又は全額電子マネーWAONでの支払いによって、直営売場の商品が5%割引となる(一部除外品有)。クレジット機能のない電子マネーWAONで認証した場合はWAONでの電子マネー支払いのみの適用となるがそれ以外のカードで認証した場合は2016年6月30日(一部店舗は同月20日)より支払い方法に関係なく適用されるようになっていた。しかし2020年4月20日より再び他社発行のクレジットカード、電子マネー、金券での支払いは対象外となった。一部の割引対象カードの案内がされていない場合があるが提示することにより割引特典は受けられる。なおイオンクレジットサービス発行の提携カードはかつて対象外であったが2014年7月30日より割引対象となった。OMCカード(セディナが発行するカードで、券面にOMCロゴが表示されているカード(セディナカードクラシックなど)を含む)でも2014年6月20日(沖縄県のみ同年5月30日)より対象となったが2016年2月28日をもって再び単独での割引適用は対象外となった。2016年3〜5月は割引を適用させられなかったが2016年6月20日又は30日のいずれかからはWAON POINTカード(イオンカードのWAON POINT機能も含む)との併用に限りOMCカードでのクレジット支払いでも再び対象となった。しかし2020年4月20日以降はWAON POINTカードの感謝デー除外とイオンカード提示でも他社発行のクレジットカードとの併用不可になりOMCカードを利用した決済はグルメシティ関東からマックスバリュ東海に移管された店舗やダイエーからマックスバリュ北海道(現イオン北海道)、マックスバリュ九州へ移管された店舗も含め完全に対象外となった。イオンクレジットサービス発行の提携カードが対象となっている為マックスバリュでは以前から発行されているカスミカードや2019年9月より発行のマルエツカードでも割引が適用される一方、マルエツやカスミではイオンカードでの割引は適用されない。新型コロナウイルス感染症の流行に伴い2020年4月30日以降一部の地域、運営会社では本企画が実施されない場合や延期して他の日に実施された場合もあった。, 国内の店舗では毎月5日・15日・25日の5のつく日に、WAON(電子マネー)での支払い時又はWAON POINTカード提示で加算されるWAON POINTが2倍になる。イオンカード提示の全額現金、イオングループ各社発行の商品券、イオンギフトカード支払いでは「ときめきポイント」ではなく「WAON POINT」が2倍になる。イオンオーナーズカードやイオンシニアクラブカード単体は対象外。イオンカードのクレジット払いについては2016年5月25日までは「ときめきポイント」が2倍になったが2016年6月1日より毎日ときめきポイント2倍のため本企画は対象外となった。OMCカードは一時本企画の対象とすることが検討されたが最終的に2015年8月1日より毎日「わくわくポイント」3倍となったため本企画の対象とはならなかった。ただし2016年6月25日(一部店舗は同月の5日や15日)~2020年3月25日まではOMCカードとWAON POINTカードを併用した場合後者が本企画の対象となった。JMB WAONはマイル2倍となるがイオンJMBカードのクレジット払いは対象外である。2019年7月5日以降は同月1日より会員登録済みのWAON(電子マネー)はイオンカードのクレジット払いと同様毎日2倍となっている為本企画の対象外であるが、会員登録をしていないWAON(電子マネー)でも5の付く日は2倍(通常は企画対象外)となる為イオンカードと異なりWAON(電子マネー)は対象カードとして引き続き紹介されている。, 65歳以上の顧客を対象に発行される「ゆうゆうワオン」会員及び55歳以上の顧客を対象に発行される「G.G WAON」会員並びに55歳以上のイオンカード・イオンバンクカード(設定変更してWAON電子マネー支払いのみ対象)会員向け割引実施日。, 国内の店舗では毎月15日に、ゆうゆうワオン、G.G WAON、事前にWAONステーションで設定変更しG.G感謝デー対象となっているクレジット機能付きWAON(イオンJMBカード、コスモ・ザ・カード・オーパスは除く)・イオンバンクカードか55歳以上の名義のイオンカード・G.Gマーク付イオンカード・イオンiDでの支払いで直営売場の商品が5%割引となる(一部除外品有)。 12/14(月) 13:10~ 【マックスバリュお買得情報】 明日15日(火)は『G.G感謝デー』&毎週恒例の『火曜市』です。 また、20日(日)は『HYPERフードデー』です。 北海道じもののギフト 冬ギフトも … お受取り店舗選択. 翌日の値上がり確率予測! マックスバリュ東海の株価を独自分析し、翌日の株価の値上がり確率を公開しています。 翌日の値上がり確率. マックスバリュ - チラシ 2020/12/15 〜 2020/12/15. . 2020年11月19日 【プレスリリース】 シリコン製ホッチキス針ケース「りくちのいきもの」新発売 2020年11月11日 【ir情報】 「2021年3月期 第2四半期報告書」掲載 2020年10月28日 【ir情報】 「業績・事業の概要」更新 2020年10月28日 【ir情報】 マックスバリュ米沢駅前店のページです。イオン東北は、東北6県に店舗を展開するイオングループのスーパーマーケット企業です。店舗・チラシ情報、キャンペーン・イベントなどお得な情報をご案内して … 12月14日(月) 「Daytime Radio」より【マックスバリュお買得情報】 Tweet. 現在のチラシ "マックスバリュ - チラシ"は2020/11/20 〜 2020/11/23から有効で、割引はありません! マックスバリュ白山店のページです。イオン東北は、東北6県に店舗を展開するイオングループのスーパーマーケット企業です。店舗・チラシ情報、キャンペーン・イベントなどお得な情報をご案内していま … 所在地 愛知県岡崎市美合町字つむぎ南1番1. 2020/12/16(水)のマックスバリュ東海(8198)の分析結果を発表します . なお、基本的には各社、イオン直系の子会社(地元や創業者資本が入っている場合もあり)であるが、マックスバリュ関東は、イオンと丸紅が共同で設立したユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスの完全子会社となっている。また光洋はダイエー100%であるためイオンの完全孫会社となる。, かつては徳島県にも展開[注 16]。「マックスバリュ」の出店経験がない鳥取県には「ザ・ビッグ」として当社が出店。将来的に合併予定の完全子会社・マルナカは高知県にも出店。, なお以下の企業は社名にマックスバリュが付くが、全店舗ともザ・ビッグに改装したため現在マックスバリュを運営していない。, イオンはグループ中期経営計画に基づいて改革の検討が進められていたスーパーマーケット事業について、2018年(平成30年)10月10日に各地域毎で事業の経営統合に関する基本合意書が締結されたことが発表された[8]。マックスバリュの運営会社においては2019年から2020年にかけ、以下の再編が実施された。, なお、基本合意書締結発表時は協議予定の段階であった東北エリアに関しては、2019年(令和元年)12月10日に経営統合に関する最終合意がなされ、統合方法や時期などが正式に発表された[9]。, また、基本合意書締結発表時に統合方法や時期を発表したものの、その後、経営統合の時期が延期となっていた九州エリアに関しては、2020年(令和2年)4月10日に合併契約が締結され、新たな統合方法や時期などが正式に発表された[10]。, 2007年10月23日にタイにて、「MaxValu」の海外1号店、MaxValu Nawamin Store(ナワミン店)が開店(1992年3月6日にオープンしたスカピバン店のリニューアル店舗)、また、2007年12月1日にはマレーシア1号店となる、MaxValu Desa Parkcity Store(デサパークシティ店)をオープンした。これら2店舗の開店を機に、海外の現地法人が運営するスーパーマーケットにも「MaxValu」を導入することになり、既にオープンしている既存のスーパーマーケットも「MaxValu」へ屋号変更した(イオンマレーシアが運営する一部のスーパーマーケットは2007年以降「MaxValu」から「D'HATI」に屋号変更した時期があったが、現在は全て「MaxValu」に再び統一されている)。, また、イオンタイランドでは2010年12月から通常の「MaxValu」のよりも取扱品目を絞り込み、売場面積を半分以下(300m2前後)にした日本国内での「マックスバリュ エクスプレス」に似た都市型小型スーパー「MaxValu Tanjai(マックスバリュ タンジャイ)」をオープンした。なお、「Tanjai」とは、タイ語で「思い通りに、すばやく」を意味する。, 2013年に入り、マックスバリュ地域会社の子会社を通じて中国での展開も進められており、同年1月8日にマックスバリュ東海が広東省広州市に永旺美思佰楽(広州)商業有限公司(イオンマックスバリュ広州)を、同年2月7日にはマックスバリュ西日本が広東省青島市に永旺美思佰楽(青島)商業有限公司(イオンマックスバリュ青島)を、同年5月20日にはマックスバリュ中部が江蘇省蘇州市に永旺美思佰楽(江蘇)商業有限公司(イオンマックスバリュ江蘇)を順次設立した。いずれの法人も、イオングループ中国本社の中枢企業である永旺(中国)投資有限公司(イオンチャイナ)との合弁で、イオンマックスバリュ青島は同じ青島市で総合スーパーを展開するグループ企業の青島永旺東泰商業有限公司(青島イオン東泰)も出資している。同年1月19日にはイオンマックスバリュ広州が中国での1号店となる「マックスバリュ太陽新天地店」をオープンした。なお、「マックスバリュ」は中国語で「美思佰楽」と表記される。その後、収益確保が難しい状況が続き、親会社のマックスバリュ西日本が運営する日本国内での事業に専念するため、2018年7月20日にイオンマックスバリュ青島の解散並びに清算手続きに入ることが発表された[14] ことで、イオンマックスバリュ広州とイオンマックスバリュ江蘇の2社体制での展開となった。なお、前述したマックスバリュ東海とマックスバリュ中部の合併に伴い、マックスバリュ中部の子会社だったイオンマックスバリュ江蘇がマックスバリュ東海の子会社となり、イオンマックスバリュ広州とは同じ子会社の関係となった。, 2013年8月22日、マックスバリュ大在店(大分県大分市)において男性客がアイスクリームの冷蔵ケースに侵入し、その画像がツイッターに投稿されていた事が発覚した[15]。問題の画像は、同日未明に撮影された事が判明しており、(同店の運営会社である)マックスバリュ九州は同23日まで同店でのアイスクリームの販売を中止し[16]、商品入替および冷蔵ケース消毒・清掃の上、同24日午前10時より販売を再開した[17]。 マックスバリュ東海が運営する静岡県、山梨県、神奈川県、愛知県豊橋市、西尾市、豊川市、額田郡幸田町、豊田市、岡崎市の店舗(一部エクスプレス店舗は除く)ではすこやかカメさんの日(6のつく日)もあり16日に延長実施される場合併用は出来ない。(カメさんの日が優先され対象カードでの支払いでも10%引きとなる)。 営業時間 24時間. お買い物情報; イベント情報; 店舗情報. 2020年 12月 14日 UP! 広告. 優待目的で保有しているマックスバリュ東海から中間報告書が届きました。コロナ禍でどういう決算になったのでしょうか。 中間報告書から マックスバリュ東海の中間決算は下記の通りです。 営業収益 1037億6500万円→1794億4300万円(+72.9%) 営業利益 22億4600万円→62億5200万円(+178.3%) … イオン傘下で中国・四国エリアの食品スーパー(sm)事業を運営するマックスバリュ西日本は、2020年10月17日、ディスカウントストア(ds)業態の綾羅木店を開業した。9月30日に閉店した「ザ・ビッグ安岡店」(山口県下関市:以下、安岡店)から約400メートル南に位置し、衣食住をフルラ … マックスバリュ のチラシ・特売情報 掲載店舗一覧 720 店舗 ... のある”スーパー・ドラッグストア掲載数No.1チラシサイト”の根拠となる掲載数は、2020年9月時点の自社の調査によるものです。 地域からさがす . 沖縄の「いいモノ」、全国にお届け! … 残りの日数: 13. AEON Christmas2020。おうちで楽しむクリスマス。早得:11月27日(金)まで。ご予約承り期間:9月18日(金)から12月17日(木)まで。 お受け取り店舗を選択してください。一部お取り扱いのない店舗がございます。 店舗の詳細につきましては、こちらからご覧いただけます。 お受取り店舗を変更される場合はカートの中身がリセットされますのでご注意ください。 1. また同社は本件の被害届を、同23日大分東署に提出した[18]。, ○ - 持分法適用関連会社☆ - 友好提携会社イオングループの主な企業・ブランドを掲載。運営企業とブランドの名称が異なる場合は「ブランド名(企業名)」というように記した。イオン株式会社の持分法適用関連会社である株式会社やまやの完全子会社、友好提携会社であるツルハホールディングスの子会社についても列挙した。△のレデイ薬局はツルハホールディングス(所有株式51%)のほか、フジも株式を所有している(所有株式49%)グループ企業については、所有株式にかかわらずグループ事業・主要企業紹介(2016年2月29日現在)を元に記載している。, 派生業態である「マックスバリュエクスプレス」、「マックスバリュグランド」を含めた店舗数。各法人が運営する「マックスバリュ」以外の屋号(「マックスバリュくらし館」・「マックスバリュハロー」を含む)を除く。, 同店が入居するショッピングセンター「江刺ツインプラザ」の建て替えのため。同年11月29日にイオンスタイル江刺を核店舗とするイオンタウン江刺が開業した。, 店舗によっては看板スペースの関係上「ÆON」ロゴが下側に配置される場合がある(店舗写真のエクスプレス千躰店を参照)。, 恵庭店には改称後も当時のロゴは残されていたが、2019年の改装で全面的に現行ロゴに差し替えられた。, このうち宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、奈良県、和歌山県、徳島県はかつて存在しており、宮城、福島、長野、徳島、鳥取の5県はマックスバリュが社名に付く会社が運営する「ザ・ビッグ」が存在し、栃木県についても, 例えば愛知県下のマックスバリュは、イオンリテール、マックスバリュ中部、マックスバリュ東海が運営する店舗が混在する状態となっており、, その後、2013年7月19日にマックスバリュ東北がパワーズフジミから店舗を譲り受けて同県に進出したことにより再び混在する状態となったが、2016年2月27日までに同社が運営していた全店舗の営業を終了したことにより、同県のマックスバリュは再びマックスバリュ北陸の単独出店による運営に戻った。同年3月1日にマックスバリュ東北が運営していた新潟県の店舗がイオンリテールへ移管され、中条店と同じ「イオン」に屋号変更した上で、同年3月15日から30日に順次営業を再開した。, 奈良県は「KOHYO」へ転換および閉店、和歌山県は閉店、滋賀県は2014年6月に唯一出店していた膳所店をマックスバリュ中部(当時。のちにマックスバリュ東海へ合併)へ移管したことによりそれぞれ消滅。, 神戸市西区には光洋運営の「KOHYO」、明石市には光洋運営の「ピーコックストア」が所在するが、マックスバリュとしてはマックスバリュ西日本の運営店舗のみが所在する。, 星陵台店、西宮浜町店、西宮上田店、長田南店、須磨海浜公園駅前店、東難波店、金楽寺店、塩屋北店, 同日付でダイエーへ承継された住之江店、東大阪店、泉大津店、泉佐野店、大東寺川店、堺店、和泉店、貝塚店、三国店、此花店、摂津店、西宮店、新在家店、富雄南店を除く。, http://www.sanyo-marunaka.co.jp/_data/info/20170315_info2.pdf, “イオンによるマックスバリュ東北の完全子会社化に関する株式交換、並びにイオンリテール及びマックスバリュ東北の会社分割に関するお知らせ”, https://www.mv-tohoku.co.jp/wp-content/uploads/2019/12/new_191210_3.pdf, “イオン九州株式会社、マックスバリュ九州株式会社及びイオンストア九州株式会社の合併契約の締結に関するお知らせ”, https://ssl4.eir-parts.net/doc/3171/tdnet/1815270/00.pdf, “株式会社ダイエーによる株式会社光洋の完全子会社化に関する株式交換契約締結のお知らせ”, http://www.daiei.co.jp/index.php/corporate/release_detail/1433, https://www.maxvalu.co.jp/shared/pdf/news/2020_shimoki/20201007_03.pdf, “イオン九州株式会社、マックスバリュ九州株式会社及びイオンストア九州株式会社の経営統合に係る協議の継続に関するお知らせ”, https://ssl4.eir-parts.net/doc/3171/tdnet/1690996/00.pdf, https://www.maxvalu.co.jp/shared/pdf/news/180720.pdf, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マックスバリュ&oldid=80786940, 共通セール日の「火曜市」を実施していない代わりに「木よう市」を実施。かつては「木よう市」と「火曜市」の両方を実施していた期間がある(現在は一部店舗のみ「火曜市」を実施)。, マックスバリュ東海の店舗はマックスバリュ中部との合併に際して、マックスバリュ中部が先行して実施していたスーパーマックスデーを実施することとなり、入れ替わりでありが10デーは廃止した。ただし元マックスバリュ東海の店舗でもザ・ビッグは、イオンビッグへ移管されたためありが10デーが継続されている。, マックスバリュ東海、マックスバリュ関東が運営する一部店舗(主に旧イオンエブリの店舗)では上記の全ての特典を実施していない(WAONなどの電子マネーやイオンギフトカード、商品券、イオンオーナーズカードなども利用不可。)。, イオン琉球とマックスバリュ北陸(2015年3月1日から)ではイオン(北海道、関東、甲信越、東海、沖縄)と同じタッチポイントが毎週土、日曜日に実施されている。(富山県、石川県ではマックスバリュのみ対象、イオンは対象外と関東地方などと逆である。新潟県、沖縄県はイオン、マックスバリュのいずれも対象。北海道はイオン北海道への合併後も沖縄県と異なりマックスバリュは対象外である。), マックスバリュ中部(現マックスバリュ東海)の店舗で2013年3月より実施してきた「火曜市WAONトクトクポイント」は2016年3月29日をもって終了し現在マックスバリュでは開催している法人は存在しない。かつてマックスバリュ長野も実施していたが「ザ・ビッグ」への改装により廃止されている。なお屋号が「イオン」、「イオンスタイル」の店舗についても2016年10月11日以降順次様の企画を廃止しており現在は北海道のみの開催である。, イオンカード(提携カードも含む。ただしイオンJMBカードは除く。)のクレジット支払い利用者は2016年6月1日からは毎日(3倍以上の企画時を除く。)「ときめきポイント」2倍となる。2019年7月1日より会員登録済みのWAON(電子マネー)は毎日(3倍以上の企画時を除く。)WAON POINTが2倍となる。またOMCカード(iDやQUICPayは不可。)のクレジット支払い利用者は2015年8月1日からは毎日「わくわくポイント」3倍となる。(2016年6月23日(一部店舗、運営法人は同月1日より順次)から2020年3月31日まではWAON POINTカード又はイオンカードの提示でさらにWAON POINTも加算される。)ただしOMCカード発行元のセディナの企画であり店舗では宣伝していない。, マックスバリュ東海とマックスバリュ中部は2019年(令和元年)9月1日付でマックスバリュ東海を存続会社として合併した(この合併により前述した愛知県内でのエリア重複は解消された)。また、両社が運営していた「ザ・ビッグ」については2019年(令和元年)6月1日にマックスバリュ中部運営の愛知県・三重県・滋賀県の13店舗(同年5月30日をもって閉店した向島店を除く)が、同年7月1日にマックスバリュ東海運営の神奈川県・山梨県・静岡県の35店舗が, 光洋とマックスバリュ西日本は2019年(平成31年)3月1日付でマックスバリュ西日本が運営していた兵庫県の一部店舗, AEON(Thailand)CO., LTD.(イオンタイランド) - 76店舗(マックスバリュ26店舗、マックスバリュタンジャイ50店舗), ÆON FOOD STYLE - ÆON FOOD STYLE by daiei -, Food Market KASUMI - FOOD SQUARE KASUMI - FOOD OFFストッカー, キッチンオリジン - オリジン弁当 - オリジンデリカ - れんげ食堂Toshu - 中華東秀 - CASUAL CHINESE TOSHU.