Here in this pretty world, Gallantry took its last bow. 100分de名著 M・ミッチェル 風と共に去りぬ[新]1 一筋縄ではいかない物語[解][字] 第一回は、作家ミッチェルの人となりや執筆背景も探りながら、見事な文体やスカーレットの心の変化を通して、「一筋縄ではいかない物語」の謎を読み解いていく。 南北戦争直前1861年のアメリカ。南部ジョージア州タラの地主の娘スカーレット・オハラ(ヴィヴィアン・リー)は、思いを寄せるアシュレー(レスリー・ハワード)が従妹のメラニー(オリヴィア・デ・ハヴィランド)と結婚することを知ってショックを受ける。 アシュレ―の屋敷で行われた園遊会の日、図書室にアシュレ―を呼び出し、スカーレットは思いを打ち明けるが、アシュレ―は拒否し部屋を出て行ってしまう。 八つ当たりで … 執着はいずれ幻に変わる「風と共に去りぬ」 1939年公開。南北戦争を背景に、すべてを失いながら力強く生き抜いた女性の生きざまをドラマチックに描いた、映画史上に燦然と輝く一大叙事詩。 今年5月に巻き起こった「ブラック・ライブズ・マター」の余波を受け、アメリカの動画サービスでハリウッドの名作『風と共に去りぬ』が配信停止となりました。エディターのケイが、この名作映画が「差別的」とされた理由や背景を解説します。 前回、映画「風と共に去りぬ」の登場人物、メラニーから、優しい女性と弱い女性は違うということを書きました。風と共に去りぬ [dvd] frt-100次はメラニー… 風と共に去り ぬ ... 自分を支え続けてくれたレットとメラニーを同時に失い遂に孤独となったスカーレットだが、彼女はやがて明日に希望を託し、絶望の中から一歩踏み出す。 「風と共に去りぬ」は南北戦争時代の19世紀アメリカのジョージア州クレイトン群を舞台とした物語。 主人公のスカーレット・オハラは南部きっての美人。幼馴染のアシュレーウィルクスに思いを寄せるが、アシュレーはいとこのメラニーと結婚。やけになってメラニーの兄と結婚するスカーレットだが、南北戦争により知人男性たちの多くは戦争に駆り出され、女性たちにも過酷な戦争の闇が襲い掛かる。 北軍によって次々と町が陥落され、ついにアトランタにも攻め入ってきたその時に、何とメラニーは … ハリウッド映画『風と共に去りぬ』感想ネタバレ メラニー役 オリヴィア逝去 です。 ずいぶん昔に見た時はつまらないと思った気がするのですが全く記憶にないので別の作品かもしれません。 ともあれ、本 … 風と共に去りぬ (二) 1862年5月、寡婦となったスカーレットはチャールズの遺児と共にアトランタのメラニーのもとに移る。 銃後を支える生活に辟易し、南部の〈大義〉に共感できず鬱屈するスカーレットに、封鎖破りで富を手にしたレット・バトラーが近づいてくる。 Amazonでの風と共に去りぬ(新潮文庫) 全5巻セット。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また風と共に去りぬ(新潮文庫) 全5巻セットもアマゾン配送商品なら通常配送無料。 1994 年 月 組 風 と共に 去り ぬ 動画 29 Jul 1994 年 月 組 風 と共に 去り ぬ 動画 Posted at 19:07h in エスティマ 修理 ディーラー by 東京アカデミー 管理栄養士 本 今回は、『風と共に去りぬ』(1939)の名言・名セリフをまとめて紹介していきます。 主人公スカーレットの恋物語を描いた今作は、戦争の中で必死に生きようとするスカーレットの姿にとても釘ずけにな … [サントラ]オリジナル・サウンド・オーケストラ『ザ・ベスト 永遠の映画音楽 エデンの東』のレンタル・通販・在庫検索や視聴。名曲、おすすめのアルバム情報。収録曲:タラのテーマ (「風と共に去りぬ」より)、虹の彼方に (「オズの魔法使」より)、エデ…[枚方 t-site] 確かに、「風と共に去りぬ」の二人もそうだったんだけどね。でも、「風と共に~」のレットはもうちょっと大人の余裕と冷静さがあったし、スカーレットは若く情熱的であるが故の未熟さっていう風に思えて許容できた。 「風と共に去りぬ」あらすじ 「風と共に去りぬ」は、激動の時代を生き抜くために男性を利用していく女性、スカーレットの恋愛遍歴を描いた作品です。 スカーレットは、思いを寄せていた男性に告白しますが、彼は別の女性と結婚してしまいます。 Look for it only in books, for it is no more than a dream remembered, a Civilization gone with the wind…, 南北戦争という「風」と共に、アメリカ南部白人たちの貴族文化社会が消え「去った」ということです。, 本編開始早々。オハラ家のポーチでスカーレットのセリフ「明日のことは、明日考えるわ」が映画全体の伏線になっており、最後の有名なセリフへと続きます。, 「明日は明日の風が吹く」と訳すことが多かったですが、最近では「明日という日がある」と訳されることが多くなっています。より原文にということなのでしょう。, ですが、翻訳としては、「明日は明日の風が吹く」の方が素晴らしいと思います。ニュアンスが伝わるからです。この場合のニュアンスとは、スカーレットの性格を反映しているかどうかということです。, 本編開始早々の「明日のことは、明日考えるわ」は、まだ成熟していない若者の表現ですが、「明日は明日の風が吹く」という少々吐き捨てるような表現は長い人生を経た者の口から出るセリフとしてぴったりだと思います。, こうしたセリフに象徴されるように、スカーレットという女性は、自由奔放でわがまま、他人への配慮などは金輪際ないが、言い換えれば周囲に惑わされない強い意志を持った人間ともいえます。こうした人間へははっきりと好き嫌いが出るでしょう。, 逆にメラニーはスカーレットと真逆なので、アンチスカーレット派にとっては、メラニーに救いを見いだせるのではないかと思います。, スカーレットの性格はともかくとして、常に現実を直視し、それに立ち向かう姿というのは印象的です。何が何でも生き抜いて見せる、絶対に逃げないというのは、極めてレジリエンスの高い人物である証拠です。スカーレットにあこがれる人は、このレジリエンスの高さにあこがれるのだろうと思います。, さて、冒頭で父親ジェラルドがスカーレットに語りかけるシーンで、アイルランド人が土地への愛着・執着が強いというのは初めて知りました。日本人にとってはとても理解しやすいメンタリティです。アイルランド人の気質の一部分は日本人の気質に通じる部分があるのかもしれません。, スカーレットも、なんだかんだ言いつつ、メラニーの世話をし続けているのだから、メラニーの人格に終始頼り続けたのでしょう。自分の人格の補完と言ってもいいのでしょう。, そして、メラニーもスカーレットを頼りにするのですから、メラニーにとっても、自分にないものを持つスカーレットの人格に惹かれていたのかもしれません。, 男性陣と言えば、アシュレーは正直魅力に乏しいので、何か感じることはありません。アシュレーに比べれば魅力的なのがレット・バトラーですが、うーん、まぁ、アシュレーに比べればという程度でしかありません。, アシュレーを演じたイギリスの俳優レスリー・ハワードは、当時40代でアシュレー役には乗り気ではなかったようです。, 娘に宛てた手紙で『あんな役は大嫌いだ。私はアシュレーを演じられるほどハンサムでもないし若くもない。若く魅力的に見せるためにメイクで手直しされるのは嫌な気分だよ。』, 主要な登場人物の中で、侍女マミーの役どころがよかったです。彼女の存在が、映画にアクセントをくわえています。そして、マミーを演じたハティ・マクダニエルはアカデミー賞にノミネートされ、受賞した最初のアフリカ系アメリカ人となりました。, この映画は、女性の登場人物の個性が上手く描かれているのが、最大の魅力だろうと思います。, 4人の主要な登場人物であるヴィヴィアン・リー、クラーク・ゲーブル、オリヴィア・デ・ハヴィランド、レスリー・ハワードが一堂に会するのは1度だけです。, 後半早々になるが、レット・バトラーがアシュレーたち連れて帰るシーン。妻たちが家で夫たちの帰りを待ち、そこへレット・バトラーたちが酔っぱらったふりをして戻ってくるシーンだけでした。, 脚本家としてオスカーを受賞しているのはシドニー・ハワードでしたが、脚本が6時間にもなるので、彼以外の15人の脚本家が脚本を短くするために奮闘したそうです。, その中にF・スコット・フィッツジェラルドがいました。グレート・ギャツビーで有名な小説家です。グレート・ギャツビーは何回も映画化されました。例えば2013年の華麗なるギャツビーなどです。, タラは架空の地ですが、モデルとなっている場所があります。アトランタから南へ下った場所にある「ジョーンズボロ」です。, タラの名前はアイルランドのミース州ナヴァンにある丘陵「タラの丘」からとられています。アイルランドの伝説の国が存在した地として知られる場所です。アイルランド人にとっての心の故郷ということでしょう。, オハラ家のポーチで双子のタールトン兄弟が戦争の話をしている。スカーレットは戦争の話はいやだった。それに気が付いたタールトン兄弟は話題をウィルクスの園遊会のことを変えた。, ジョージア州タラの大地主ジェラルド・オハラはアイルランド系移民。その長女・スカーレットは、同じ上流階級の長身の美青年アシュレー・ウィルクスに恋をしていた。そのアシュレーと彼の従妹メラニーの婚約が発表されると聞きスカーレットは心が揺れていた。, ある日、アシュレーのウィルクス家で開かれるパーティに出席した。パーティでスカーレットの美貌は多くの青年から注目されていたが、彼女はアシュレーとの結婚を強く望んでいた。, スカーレットはパーティ席上で、チャールストン生まれの船長で、評判の悪いレット・バトラーと出会った。第一印象は良くなかった。, パーティ当日にスカーレットは想いをアシュレーに告白した。アシュレーはスカーレットに魅かれていることは認めながらも、彼は互いを理解できるメラニーとの結婚を心に決めていたのだ。, アシュレーが去った後、スカーレットはそばにあったウィルクルス家の花瓶を投げつけた。一部始終を目撃してしまったレット・バトラーは、スカーレットに強く魅かれた。, スカーレットは失恋からやけになり、アシュレーへの当て付けのためにメラニーの兄チャールズからのプロポーズを受け入れてすぐに結婚してしまった。その前日にアシュレーとメラニーの結婚式が行われていた。, アシュレーとチャールズが出征していったが、ほどなくしてチャールズが戦争中の病に倒れ亡くった知らせが舞い込んだ。, スカーレットは未亡人として喪に服す生活を続けていたが、耐え切れずアトランタのメラニーの許を訪ねた。, そこではバザーのためのパーティが開かれていた。スカーレットはそのバザーで偶然にレット・バトラーと再会した。そして、喪服姿でダンスパーティに参加した。, 戦況は南軍に不利だった。スカーレットとメラニーは看護婦として働いたが、アトランタは北軍の侵攻に脅かされつつあった。, アトランタには北軍が接近してきていた。すぐにでも故郷のタラに戻りたかったスカーレットだったが、メラニーが妊娠し臨月を迎えていたので、出産を終えるまで身動きができなかった。, スカーレットはレット・バトラーを頼り、出産したばかりのメラニーと子どもらと一緒に 故郷ジョージアのタラを目指した。, 危険地帯を通り抜けた後、レット・バトラーは南軍に入るので、別れるとスカーレットに告げた。スカーレットに情熱的な口付けを残して、レット・バトラーは前線へ向かった。, 残されたスカーレットたちはようやくタラへ到着するが、母・エレンは腸チフスで病死しており、父はショックでもうろくしていた。一夜にしてオハラ家の主となったスカーレットは、皆を飢えさせない事と故郷タラを守る事に集中することになった。, 南軍は敗北した。捕虜になっていたアシュレーも戻りメラニーを喜ばせた。スカーレットは再びアシュレーに愛を告白するも受け入れられなかった。, スカーレットは土地を守る決意をして、北軍に捕らえられていたレット・バトラーに金を借りに行くが断られてしまう。, 税金の工面に窮したスカーレットは、スカーレットの妹・スエレンの婚約者・フランク・ケネディが事業に成功している事を知ると、フランク・ケネディを奪って第二の結婚をした。そして、アシュレーを仲間に引き入れた。その後、スカーレット自分が事業を仕切り、金儲けのために生きはじめた。, 北軍の移住者のために働き始めた事からスカーレットのもとから人が離れて行った。メラニーを始めとするウィルクス家の人々とレット・バトラーだけが彼女から離れなかった。, ある日、スカーレットが製材場に行く途中、襲われる事件が起きた。フランクやアシュレーらが制裁を加えるために動いた。北軍がそれに気づき、フランクやアシュレーらを逮捕に動いたが、レット・バトラーの機転によりアシュレーは逮捕を逃れた。たが、反撃を受けてフランクが銃弾に倒れていた。, スカーレットは再び未亡人となった。そのスカーレットにレット・バトラーは求婚し、スカーレットは結婚に応じた。, やがて二人の間に娘・ボニーが生まれた。スタイルが悪くことなどから、スカーレットはもう子供を産まないと誓った。それは、アシュレーへの想いだった。それを知ったレット・バトラーは娘のボニーへのみ愛情を注いだ。, 二人の気持ちはすれ違い、結婚生活の不和からレット・バトラーはボニーを連れロンドンへ行ったが、ボニーが母スカーレットを慕い再び戻った。, だが、ある日、ボニーが落馬して死亡してしまう。娘・ボニーの死により、スカーレットとレット・バトラーを結ぶものはなくなった。, メラニーが死の床にあった。メラニーの死の間際、メラニーからレット・バトラーの自分に対する愛情を知らされ、スカーレットは自分が愛しているのはレット・バトラーであることに気付いた。, スカーレットは急いで帰宅し、心から謝罪し愛を打ち明ければわかってくれ二人の関係も回復するだろうと思っていた。, だが、レット・バトラーはメラニーの死と共に、スカーレットがアシュレーと一緒になるものだと思い込んでいた。だから、レット・バトラーは、スカーレットのもとから去り、故郷へ帰ることにした。, 全てを失ったスカーレットには故郷タラの土地しか残されていなかった。スカーレットは故郷に帰り全てをやり直す決意を固めた。, 監督:ヴィクター・フレミング 製作:デヴィッド・O・セルズニック 原作:マーガレット・ミッチェル 脚本:シドニー・ハワード 撮影:アーネスト・ホーラー,レイ・レナハン 音楽:マックス・スタイナー, 出演: スカーレット・オハラ/ヴィヴィアン・リー レット・バトラー/クラーク・ゲイブル アシュレイ・ウィルクス/レスリー・ハワード メラニー・ハミルトン/オリヴィア・デ・ハヴィランド ジェラルド・オハラ/トーマス・ミッチェル エレン・オハラ/バーバラ・オニール マミー/ハティ・マクダニエル スエレン・オハラ/イヴリン・キース キャリーン・オハラ/アン・ラザフォード ミード医師/ハリー・ダベンボート ピティパットおばさん/ローラ・ホープ・クルーズ フランク・ケネディ/キャロル・ナイ ベル・ワトリング/オナ・マンスン ボニー・バトラー/カミー・キング ドーリー/ジェーン・ダーウェル トム/ウォード・ボンド, 映画「Vフォー・ヴェンデッタ」(2005年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「ナルニア国物語/第2章カスピアン王子の角笛」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「ビューティフル・マインド」(2001年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「20世紀少年2 最後の希望」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「ドラゴン・キングダム」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」(2011年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「博士の愛した数式」(2005年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), マスケティアーズ パリの四銃士 第4話「裏切り者」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「カッコーの巣の上で」(1975年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「ハリー・ポッター4/ハリー・ポッターと炎のゴブレット」(2005年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「ブラザーズ・グリム」(2005年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), マスケティアーズ パリの四銃士 第5話「吹きだまりの帝王」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」(2018年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」(2007年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「巴里のアメリカ人」(1951年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「ゴッドファーザーPARTI」(1972年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画), 映画「ロード・オブ・ザ・リング1」(2001年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「俺たちに明日はない」(1967年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「素晴らしき哉、人生!」(1946年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「サウンド・オブ・ミュージック」(1964年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画), 映画「ベン・ハー」(1959年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画), 映画「アラビアのロレンス」(1962年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「スラムドッグ$ミリオネア」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「クレイマー、クレイマー」(1979年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「メリー・ポピンズ」(1964年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて)(おすすめ映画). 「風と共に去りぬ」あらすじ 「風と共に去りぬ」は、激動の時代を生き抜くために男性を利用していく女性、スカーレットの恋愛遍歴を描いた作品です。 スカーレットは、思いを寄せていた男性に告白しますが、彼は別の女性と結婚してしまいます。 【風と共に去りぬ】スカーレットが愛を見誤った理由を考察!レットへの愛に気付かなかったのは何故?彼女の強さをどう理解する. 「風と共に去りぬ」で描かれる生命力の塊、スカーレットの魅力。 映画づくりの裏話も面白く、南部訛りを訓練し、 青い瞳に黄色いライトを当て、 緑色の瞳 にした話など、 「風と共に去りぬ」は古い映画ですが大好きです。 4時間もある長編映画ですが、展開が早いから最初から最後まで面白いし、衣装やインテリアのセンスも良いし、何よりキャラクターが魅力的です!! 宝塚でも公演されるくらい愛され続けている、この作品。 『風と共に去りぬ』の出演は4回目になります。 4回もレット・バトラーを演じることが出来、喜びでいっぱいです。 お稽古中は、龍さん演ずる“マサーレット”の元気さに、溺れ気味ではありましたが、舞台上では良い火花を散らして頑張りたいと思います。 Here was the last ever to be seen of Knights and their Ladies Fair, of Master and of Slave. 『風と共に去りぬ』(かぜとともにさりぬ、英語: Gone With the Wind)は、マーガレット・ミッチェルの長編時代小説。題名は南北戦争という「風」と共に、当時絶頂にあったアメリカ南部白人たちの貴族文化社会が消え「去った」ことを意味する。, 南北戦争下のジョージア州アトランタ市を背景に、アイルランド系移民の父と、アメリカ南部のフランス系名家出身の母を持つ気性の激しい南部の女、スカーレット・オハラの半生を、彼女を取り巻く人々ともども、壮大に描いた作品である。十年近い歳月を費やして執筆され、1936年6月30日に出版、翌年ピューリッツァー賞を受賞した。, 1939年(英語版)にアメリカで公開された映画『風と共に去りぬ』は、当時としては画期的な長編テクニカラー映画であったことも手伝って、世界的なヒット作となり、第12回アカデミー賞にて作品賞・監督賞・主演女優賞・助演女優賞・脚色賞を始めとした9部門を受賞した。, あくまで南部白人の視点からのみ描かれた本作は、「奴隷制度を正当化し、(オハラのような)白人農園主を美化している」ため人種差別を助長するとして根強い批判と抗議を受け続けている。特に黒人奴隷の描写を非常に強く批判されており、また白人至上主義団体クー・クラックス・クラン(KKK)を肯定している点等も強い批判を受けている(主人公スカーレットの周囲にいる白人男性たちは、レット・バトラー以外のほぼ全員がクランのメンバーである)[1]。, この小説に対抗して、『風と共に去りぬ』の黒人奴隷達を主体にした黒人からの批判的パロディー小説、『風なんぞもう来ねえ』(The Wind Done Gone)が黒人女性作家アリス・ランデルによって2001年に著されている。この『風なんぞもう来ねえ』は、ミッチェル財団から「著作権侵害」として提訴された。, この訴訟について、いったんは連邦地裁が出版差し止め命令を下したものの、2001年5月25日、アトランタの連邦高裁によって「著作権侵害に当たらず」として却下されている。, 初刊から大ベストセラーとなったが、ミッチェルの生前発表した作品は本作のみであった。続編の希望はあったものの、ミッチェルが病弱であったため、本作の執筆と完成だけでも膨大な年月を要し、同時に海賊版等の版権管理に追われたこともあって、本作以降の創作意欲を喪失してしまったためとされる。また、未発表原稿はあったものの、ミッチェルの遺志によって、死後夫により全て破棄されたとも言われる。, アイルランド系移民で一代で成功した農園主の娘、美しいスカーレット・オハラは、自分と同じ上流階級で長身の美青年アシュレー・ウィルクスに恋をしていた。だがアシュレーは、アシュレーの従姉妹メラニーと婚約していた。「12本の樫の木屋敷」でのバーベキューパーティーで、2人の結婚を知って愕然としたスカーレットはアシュレーに想いを打ち明けるが、アシュレーはスカーレットに惹かれていることは認めながらもメラニーと結婚すると言う。アシュレーが去った後、癇癪を起こしたスカーレットはそばにあったウィルクス家の花瓶を投げつけて壊す。偶然、一部始終を目撃したレット・バトラーは、彼女の生命力にあふれた躍動的な精神に強く魅かれる。, スカーレットは軽蔑する友人達の陰口を聞き、アシュレーへの当て付けのためにメラニーの兄(チャールズ・ハミルトン)が自分に求婚をするように仕向けた。何も知らないチャールズは、スカーレットの思惑通り、南北戦争の開戦のニュースに沸き立つ中で彼女に求婚、スカーレットは後悔しながらも結局結婚してしまう。しかしチャールズは結婚後まもなく戦場に赴き病死。スカーレットは17歳にしてチャールズとの間にできた長男ウェードを出産して、未亡人となる。, ウェードを連れてアトランタに赴き、ピティパット・ハミルトンとメラニーとの新生活を始めたスカーレットの前に、かつて無頼な行為で社交界から締め出されたレットが、彼女が未亡人になった事を聞いて現れる。スカーレットに自分と似たものを感じるレットは、スカーレットが被る淑女の仮面を取り去り、彼女本来の姿を露わにしようとする。またスカーレットも、喪服姿でダンスパーティに参加する等破天荒な行為で周囲の度胆を抜く。, そんな中、南軍は北軍に対して苦戦を強いられ、遂にアトランタの陥落も目前となったが、出産を目前に控えたメラニーの看護をしていたスカーレットは、脱出の機会を失ってしまう。進撃する北軍の砲声の中、産後間も無いメラニーとその赤ん坊やウェードを抱えて脱出の機会を失い途方に暮れた彼女は、大嫌いなレットに助けを求める。タラへの帰還を望む彼女を、レットは炎上するアトランタから痩せ馬の馬車で脱出させる。危険地帯を通り抜けた後、レットは自分は軍隊に入るのでこの先は一人で帰るようにとスカーレットに告げる。冗談だと思い笑うスカーレットに情熱的な口づけをして、レットは南軍の守る前線へと赴く。, 置き去りにされて怒り心頭に発したスカーレットだが、ようやく故郷・タラへと到着した。しかしタラは北軍の駐屯で荒廃し、頼りにしていた母・エレンも腸チフスで病死していた。一夜にしてオハラ家の主となった彼女の意識は、飢えを凌ぐことと故郷を守ることだけに集中する。税金の工面に窮したスカーレットは、妹スエレンの恋人であり商店を営んでいたフランク・ケネディを奪い再婚したが、やがてフランクの商才のなさから自ら商売を始める。その間にフランクとの女児(エラ)も儲けるが、当時女性が男性を差し置いて主体的に経営を行うことはタブーに近かったことや、北軍の移住者と友人になったりしたことから周囲からの評判は下降し、メラニーを始めとするウィルクス家の人々とレットを除き彼女の周囲から古い友人は続々と離れていく。また彼女の不用心な行動が難民から襲われる事件を引き起こし、加害者に制裁を加えようとしたフランクは銃弾に倒れてしまう。, スカーレットは、レットと三度目の結婚をする。レットはそれまでの夫と違い妻が商売をすることに反対せず、スカーレットの自由にさせる。やがて二人の間には娘のボニーが生まれ、レットは初めての娘を溺愛する。しかし、スカーレットの想いが依然としてアシュレーにあり、また彼女が自分を愛する者に対して無慈悲であることを知るレットは、以前からスカーレットを愛していたことをひた隠しにする。また、スカーレット自身も次第にレットを愛するようになっていたにもかかわらず、自分は相変わらずアシュレーを想い続けていると信じ込み、それを自覚することが出来ずにいた。ある日、スカーレットはアシュレーとの会話で、彼がレットと自分の夫婦関係を嫉妬していることを知る。スカーレットはレットにこれ以上子供を作りたくないという理由で寝室を別にしたいと告げる。するとレットは、スカーレットが夫としての自分の権利を拒絶するなら今後は他にいくらでもいる別の女と関係を持つだけだと告げ、スカーレットにせいぜい純潔を守ることだとも言う。何事もなかったかのようにレットが去ったあと、スカーレットは、以前から自分を悩ませていた、冷たい霧の中を恐怖にかられ必死に何かを求めて彷徨う悪夢から夜中に目覚めても、今までのようにレットの逞しい胸に抱き寄せられて慰められることはもうないのだと後悔し、自分をひどく不幸に感じて泣く。ある時、酔ったレットがスカーレットを強引にベッドに連れて行き、スカーレットは初めて肉体的な喜びを知る。しかし、レットは自らその行為を恥じる。一方レットの情熱的な訪れを待つスカーレットは、訪れることのないレットに対して自分が単に嬲り者にされたと思い、二人の気持ちはその日から更に擦れ違い、夫婦仲は日増しに険悪になって行く。再び妊娠したスカーレットにレットが暴言を吐いたことがきっかけで、スカーレットが階段から転落、流産して生死を彷徨う。レットはメラニーに、スカーレットがもし死んでしまったなら耐えられないと、スカーレットへの激しい愛を吐露する。しかしこの流産は二人の間に深い溝を作ることになり、レットはボニーに全ての愛情を注ぐが、ボニーは彼がプレゼントしたポニーの「バトラーさん」から落馬し、スカーレットの目の前で死んでしまった。これを機にスカーレットとレットの最後の絆が断たれてしまい、レットは家に寄り付かなくなる。, 娘を失ったショックから抜け切らないうちに、スカーレットに最後まで友愛を示し続けたメラニーまでが産褥により命を落とす。スカーレットは、この時初めてアシュレーを奪った恋敵として憎んでいた筈のメラニーを、実は心から愛し頼りにしていたことに気付く。また、死の床のメラニーからレットの自分に対する愛情を知らされ、初めて、自分も愛しているのはアシュレーではなくレットであり、これまで彼女を理解し助けていてくれたのも彼だということを自覚する。スカーレットは彼女の悪夢の中で何かを探していた自分の「その何か」が漸く見つかった思いで霧の中を急いで帰宅する。スカーレットはレットに心から謝罪し愛を打ち明ければ、二人の関係も回復するだろうと思っていた。しかしレットは既にスカーレットを追うことに疲れ切っていた。これまで隠してきた心の内の変遷と、ボニーを溺愛したのはスカーレットを素直に愛すことができない代償であったこと、結論として、もうスカーレットを愛してはいないことを説明し、一人で故郷のチャールストンに帰るつもりだと言う。スカーレットは必死に泣きすがるが、もはやレットの決意をひるがえすことは不可能なことを悟る。自分を支え続けてくれたレットとメラニーを同時に失い遂に孤独となったスカーレットだが、彼女はやがて明日に希望を託し、絶望の中から一歩踏み出す。, 1939年(英語版)にアメリカで公開されたのを皮切りに、世界的なヒット作となり、第12回アカデミー賞では作品賞・監督賞・主演女優賞・助演女優賞・脚色賞を始めとした9部門を受賞した。, この作品は、その背景となっている南北戦争の敗戦とその後の南部再建の姿が、太平洋戦争敗戦と戦後復興という日本の歴史に通じる部分があることなどから、日本でも広く愛読され、何度も舞台化されている。1966年に改築されたばかりの帝国劇場にて、菊田一夫制作・脚本・演出で世界最初のストレートプレイで舞台公演し、大ヒットロングラン公演となった。, スカーレットが荒廃のタラで、復活を誓うところまでを前編とした。本物の馬が登場したことも、大きな話題を呼んだ。翌67年に後編、その後は前後編をあわせた総集編が登場した。スカーレットを有馬稲子と那智わたる、レットを宝田明と高橋幸治で、ダブル主演とした。, 1970年には題名を「スカーレット」として東宝によりミュージカル版も、帝国劇場で公演された。レット役は宝田明がキャスティングされたが、直前に怪我により降板、北大路欣也が代役を務めた。このミュージカル版はブロードウェイのスタッフによって英訳され、ロンドン、ロサンゼルスでも公演された。, 1977年、宝塚歌劇団でも東宝版とは異なったミュージカル版が舞台化されてヒットした。以来幾度も再演され、宝塚の重要な演目の1つとなっている。詳細は風と共に去りぬ (宝塚歌劇)を参照のこと。, 1987年に大地真央主演で、東宝ストレートプレイ版を再演した。1996年に再び大地主演でアレクサンドラ・リプリー作品を原作とした続編『スカーレット』も上演された。さらに2001年、更に大地主演でミュージカル版『風と共に去りぬ』も制作(これで和製ミュージカル版は3ヴァージョンとなる)、同作を一部改定のうえ2002年に大阪の梅田コマ劇場、2003年に名古屋の中日劇場、帝国劇場、2006年に福岡の博多座で再演された。, 2011年6月に大阪の梅田芸術劇場で、6・7月に帝国劇場開場100周年記念公演として、東宝ストレートプレイ版「風と共に去りぬ」が、主演のスカーレットを米倉涼子、レットを寺脇康文で、24年ぶりに公演された。, 2003年にフランスでミュージカル化された。『ロミオとジュリエット』のジェラール・プレギュルスヴィック作曲。2008年にイギリスでもミュージカル化された。, 歌曲の「風と共に去りぬ」(Gone With the Wind) は、ハーブ・マジソン(Herb Magidson)作詞、アリー・リューベル(Allie Wrubel)作曲で1937年に発表された。小説『風と共に去りぬ』にインスパイアされて作られたと言われているが、内容は抽象的な失恋の歌であり、小説や映画とは直接の関係はない。ただし、映画『風と共に去りぬ』の宣伝に使われたとも言われている。, ミディアムスロー・テンポで歌われるメジャーなバラードで派手な曲でなく、ヒットはしなかった。だが、1940年代以降のモダン・ジャズ時代になると、通好みの『ひねった』曲調がシンガーやピアニストに好まれるようになり、それ以降、スタンダード・ナンバーとなっている。数多くのミュージシャンがカバーしているが、とりわけ日本においては、ジュリー・ロンドンやエラ・フィッツジェラルドの歌唱が有名である。, 『風と共に去りぬ』を完結した作品とみなしていたミッチェルは、多くの人から勧められても決して続編を執筆しなかった。1949年に交通事故で他界し、夫ジョン・マーシュ(John Marsh)の手に渡った『風と共に去りぬ』の著作権は、1952年にジョンが死去すると兄のスティーヴンズ・ミッチェル(Stephens Mitchell)が相続し、1983年にスティーヴンズが死去するとさらにその子(つまりマーガレットの甥)であるジョー・ミッチェル(Joe Mitchell)とユージン・ミッチェル(Eugene Mitchell)に引き継がれた。, ミッチェルの相続人たちが恐れたのは、2011年に『風と共に去りぬ』の著作権が切れた後、誰もが競って続編を書き始めるという状況が現出することであった。悪くすると、南北戦争の仇敵である北部出身者や三流作家が執筆してしまうという可能性もある。実際、アン・エドワーズのような例(映画の脚本として続編を書くが裁判の結果、続編の公開を阻止)もある。このような懸念からミッチェルの相続人たちは、先手を打って続編の出版を企画し、1991年にリプリーの『スカーレット』が誕生した[2]。, しかし『スカーレット』は、世界的な大ベストセラーとなりテレビドラマ化されるなど、商業的な成功を収めたものの、作品自体に対する世評には厳しいものがあった。そこで1995年、イギリスの作家エマ・テナントに続編の執筆が依頼された。執筆には『風と共に去りぬ』の全体的なトーン、人物設定や背景を踏襲するという条件が付され、さらに白人と黒人の結婚は禁止、同性愛や近親相姦についての言及も禁じられた。テナントは『タラ』と題する575ページの原稿を書き上げたが、「感覚がイギリス的過ぎる」という理由でミッチェルの相続人側から却下され、出版も差し止められた。その後、アトランタ生まれの作家パット・コンロイにも続編の執筆が打診されたが、契約書中の同性愛等の描写を禁止する条項が作家としての自由を妨げるものとして、彼はこの依頼を引き受けることはなかった。, さらに続編の執筆者探しの試みは続けられ、南北戦争を舞台にした小説で評価されたドナルド・マッケイグに白羽の矢が立った。今度は過去の失敗を踏まえ、現代までの性や人種に関する人々の意識の変化を作品に反映することを容認し、内容に過度の干渉を加えないよう配慮がなされた。マッケイグはスカーレット・オハラではなくレット・バトラーの視点で続編を書き上げ、2007年にアメリカで『レット・バトラー』が刊行された[3]。, 長らく大久保・竹内訳が読まれてきたが、2015年に新潮文庫と岩波文庫からほぼ同時に新訳が刊行された[4]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=風と共に去りぬ&oldid=80067113. 世界的・歴史的にみて、映画史上屈指の名作と呼ばれている「風と共に去りぬ」。 今回は、この映画のあらすじや登場人物の名言・感想について。また、小説版との違いや、続編作品:「スカーレット」と「レットバトラー」の内容についても紹介しています。 Amazonでマーガレット・ミッチェルの風と共に去りぬ 全5巻セット (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。マーガレット・ミッチェル作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また風と共に去りぬ 全5巻セット (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 マーガレット・ミッチェル『風と共に去りぬ 全5巻セット』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約26件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 そうか、『風と共に去りぬ』も「ロスト・ジェネレーション」と同時代の作品でしたか。 それにしてもレット・バトラーは魅力的ですね。 既成の価値観にしばられず、偽悪的だけれど教養があり、その気になれば、南部紳士を演じることもできる。 だが、レット・バトラーはメラニーの死と共に、スカーレットがアシュレーと一緒になるものだと思い込んでいた。だから、レット・バトラーは、スカーレットのもとから去り、故郷へ帰ることにした。 『風と共に去りぬ』とそれ以外だ」、という表現を、確か""500 Movies to Watch, Buy, and Videotape"で読みました。 今はどうでしょう? 映画に求めるものが変わって来ていて、CG等のテクニックだったり、どんでん返し等の意外性だったり。 1994 年月組 風と共に去りぬ 映画 本 恋愛 >> 青森山田 練習 きつい >> 1994 年月組 風と共に去りぬ On July 29, 2020 , Posted by , In 大迫半端ない っ て ニコニコ , With Confederate flag 意味 2019年8月16日; ミリタリー・戦争, ロマンス, 洋画; クラーク・ゲーブル, ヴィクター・フレミング, ヴィヴィアン・リー; 2784view 231分という3時間を超える映画。長いので、幕間を挟んで前編・後篇に分かれています。そして、本編が始まるまでが長いです。, 金と人と時間を費やした映画で、こうした映画は今の映画界では作れないでしょう。良き時代のハリウッドの最高峰の映画と言っていいと思います。, 映画には、主人公のスカーレット・オハラをはじめとして、個性豊かな登場人物が登場します。このせいで映画の好き嫌いはわかれるでしょう。, そうだとしても、この映画は一度は見ておかなければならない映画の一つだということには変わりがありません。, セットなどにかけている手間暇もそうですが、この映画は音楽にも力を入れています。テーマ曲の「タラのテーマ」を耳にしたことのある人は多いでしょう。サントラ史上、有数に有名な曲です。, タイトルの「Gone with the Wind」はアーネスト・ダウスンの恋愛詩「シナラ」からとったものです。本編開始のところで詩が出てきます。, There was a land of Cavaliers and Cotton Fields called the Old South.