iPhoneにケーブルを挿しているのに充電されない。充電マーク(電池マーク)が表示されるだけでバッテリーがたまらない! そんな時は充電できない理由として様々な原因が考えられます。 まずはコンセントを疑え! iPhoneが充電できない状態の原因と対処法. スポンサーリンク 今回はiPhoneが充電できない原因と対処法について解説していきます。 iPhoneが充電できない時はどこに原因があるかによって対処法が異なります。 原因によっては3分で解決する場合もあるので、良かったら参考にしてみてください。 iPhoneが充電できなくなった iPhone を Lightning コネクタ部を下向きにして手のひらに載せ、優しくたたいて余分な水分を抜き取ります。風通しのよい乾いた場所で iPhone を自然乾燥させてください。, 30 分経ってから、Lightning ケーブルでの充電または Lightning アクセサリの接続を試します。, 再び警告が表示される場合は、Lightning ポートの内側や Lightning ケーブルのピンの下にまだ液体が残っています。iPhone を風通しのよい乾いた場所に丸一日置いて自然乾燥させてください。その後、充電または Lightning アクセサリの接続をあらためて試してください。完全に乾かすには、最長で 24 時間かかる場合があります。, 綿棒やペーパータオルなどの異物をケースの Lightning コネクタに挿入しないでください。, iPhone を米の袋に入れないでください。米の小さな粒子が原因で iPhone が損傷するおそれがあります。. Lightning ケーブルやアクセサリを iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降に接続したときに、Lightning ポートに液体が入っていると iPhone が警告してくれます。, 以下のいずれかの警告が表示された場合、iPhone で Lightning ポートや Lightning ケーブルまたは Lightning アクセサリの内部に液体が検知されています。iPhone やアクセサリを守るため、Lightning ポートやアクセサリが乾くまで、充電やアクセサリの接続はできません。, 充電はできません:iPhone を充電器に接続した際に、液体が検出されると表示されます。, Lightning コネクタで液体が検出されました:iPhone の充電用ではないアクセサリを iPhone に接続した際に、液体が検出されると表示されます。, Lightning ポートが濡れている状態で iPhone を充電すると、Lightning ポートやケーブルのピンが腐食したり、損傷して使えなくなったり機能しなくなったりした挙句に、iPhone やアクセサリの接続不良といった問題につながります。, 濡れている状態で iPhone を充電しないのは基本ですが、緊急時には必要に迫られる場合もあるでしょう。緊急の際には、iPhone を Lightning ケーブルやアクセサリに接続し直し、液体検出の警告を無視して iPhone を充電するという選択肢もあります。, ワイヤレス充電器をお持ちの場合は、そちらで iPhone を充電することもできます。万全を期すため、iPhone の背面が乾いていることを確認してから、Qi 対応の充電器の上に置いてください。iPhone のワイヤレス充電について詳しくは、こちらの記事を参照してください。, ケーブルやアクセサリをすべて取り外します。完全に乾くまでは、取り付けないでください。, 特定のケーブルやアクセサリを接続するたびにこの警告が表示される場合、そのケーブルやアクセサリが破損している可能性があります。メーカーにお問い合わせください。, Apple 製の Lightning ケーブルやアクセサリの接続時に毎回この警告が表示される場合は、Apple サポートにお問い合わせください。. うっかりiPhoneを水没させてしまって充電が出来なくなってしまった場合、その症状に見合った対処が必要になってきます。, これからご紹介する対処法は、あくまで一時的な復活を想定しています。浸水の状態によっては完全な復活が難しい場合もあるので注意してください。, iPhoneを水没させてしまうと、充電ができなくなってしまうなどの不便な状態になることは十分に起こりえます。, など、iPhoneを水没させてしまってから充電機能に問題が生じるケースが多く存在します。, 今回の記事では、iPhoneが水没して充電できないときはどうすればいいか、その対処方法についてご紹介します!, 充電を試す前に注意してほしいのは、iPhoneを水没させてしまった直後に充電を行わないことです。iPhoneがまだ乾いていない状態で充電を行うと、バッテリーから発火したり、感電したりする危険性があります。水没させてしまっあとに充電を試したい場合は、しっかりと本体を乾燥させてから実行するようにしてください。, iPhoneが水没してしまった後に充電を行いたい場合、また、充電ができない場合、最初に取ってほしい方法は以下の通りです。, 1.一旦iPhoneの電源を落とします。2.iPhoneの水分を完全に取り除くため、カバーやケースを一回取り外します。3.しっかりと本体を拭き、SIMカードも抜いて水分を取り除きます。4.ヘッドフォン端子やDockコネクタの部分もしっかりと乾燥させます。5.端末本体に一切の水気がなくなったのを確認できたら、電源を入れて充電をします。, 以上を試してみてもiPhoneが上手く充電できない場合、再度確認してほしい点が2つあります。, 充電口は非常に小さいスペースになっており、一度で全ての汚れを拭き取ったり、水分を乾かしたりするのは難しいです。, パソコンなどのデバイスにケーブルを繋いで充電したり、モバイルバッテリーから充電を行ったりすると、それぞれ電圧が低いため、充電が完了するまでに時間がかかってしまいます。, 純正のアダプター・純正のケーブルを使用し、家庭用100Vの電源コンセントから直接充電するようにしてください。, iPhoneの電源はつくものの、充電ができないときは、仕方ないですが修理に出すなど専門の人に任せるのが良いでしょう。, しっかり充電のあるうちにiPhoneのバックアップを行ったり、必要な情報を他のデバイスに移したのち、近くのAppleの修理店に早急に持っていきましょう。, 今回の記事では、iPhoneが水没してしまって充電ができないときの対処方法をまとめました。, iPhone本体をしっかり乾かし、水分が全くない状態にしてから充電を実行することが重要です。自力で対処ができないようであれば無理をせず、修理サービスを利用するようにしてください。. Copyright © 2020 Apple Inc. All rights reserved. ある程度水に入れても大丈夫なiPhone 7と7 Plusではありますが、知っておくべき注意点が4つあります。 ① 水中での操作はできない 水に入れた状態で画面を見ることはできますが、水中での操作はできません。 iPhoneに充電ケーブルを接続しても充電できない…といった症状は、自身で改善することができるかもしれません。 当記事では、iPhoneが充電できないときに原因を特定する方法と、原因への対処方法、充電口の清掃方法などを画像付きで紹介します。 iPhoneが水没してから充電ができない!充電できても完了まで遅い!バッテリーの残量%がなかなか増えない!そんな時に試したい対処法をご紹介します!iPhoneが熱くなった時や発熱の症状が出た時は要注意!早めに修理に出しましょう。 iPhone の充電(イメージ) 充電できたぁぁぁぁぁーーーーー!!!!! 無事、直りました。 接点復活スプレー、つよい。 まとめ. 何人ぐらいの新しいiPhone12の所有者が影響を受けているかわかりませんが、少なくとも、「新しいiPhoneがワイヤレス充電器で充電できなくなる」というバグが…(2020年12月12日 … あれ?ずっと充電してたのに充電されていないぞ?iPhoneにこんなメッセージが!Lightningコネクタで液体が検出されたため充電はできません。コネクタを乾… ライトニングケーブルの端子の金色部分がかけてしまっている 5. 充電コネクタ(充電ケーブルの差し込み口)にも水が入っている場合がありますので、上記の方法でまず完全に乾かすようにしましょう。 ②振る 水分を飛ばそうとiPhoneを「振る」のも正しくない行動です。 スマホが充電できない、または充電が遅かったりバッテリーが増えない場合、いくつかの原因が考えられます。今回は、原因と試してほしい対処法をすべてご紹介!修理が必要な場合に、自分のスマホならどこに連絡したらいいの?というギモンにもお答えします。 水没したiPhoneの音が出ない・小さい時の対処法6選! 水没したiPhoneに出る症状まとめ!水に落とすと出る不具合一覧; 水没したiPhoneの充電できない・遅い・バッテリー残量増えない時の対処法! 水没したiPhoneの電源がつかない時に!機種別の起動方法 iPhone Xを使っていて、 充電ができない 事象にになったことはないだろうか? あなたのiPhone Xが充電ができない事象が稀に起こるということであれば、一時的なエラーである可能性が高いが、 頻繁に起こる 場合には、あなたのiPhoneの使用方法に原因があることが考えられる。 あれ?iPhoneの充電ができない…。こんなトラブルに見舞われたことはありませんか?iPhoneが充電できない原因はいくつかあり、対処法もそれぞれ異なります。毎日使うスマートフォンが充電できなくなると、本当に困ります。できるだけ早く元通りにして使いたいものです。 いつもご覧いただき誠にありがとうございます。アイフォン修理の新宿本店です。iPhoneを充電したのに充電できていない…という経験はありませんか?原因はiPhoneの不調ばかりでなく、充電コードの断線などの外部要因や、発熱や水没などによる機能障害の可能性もあります。 iPhoneが水没して充電できなくなることはある. 水の侵入によりLightningコネクタが腐食してしまっている 7. iPhoneで充電ができなくなる時の 考えられる原因を挙げていきます。 1. iPhone本体に発生する症状には、充電ができなくなったり、ホームボタンや音量ボタンが作動しないというものがあります。 また、iPhoneから聞きなれない機械音がしたり、スビーカーなどが機能しなくなるといった音のトラブルも発生するようです。 異物が詰まりLightningコネクタのピンが折れてしまっている 4. iPhoneを一切濡らしていないのに、ずっと液体検出が表示されて充電できない場合は、iPhoneが一時的にバグを起こしている可能性があります。 バグを起こしている場合には以下の対処法を試してみま … 何人ぐらいの新しいiPhone12の所有者が影響を受けているかわかりませんが、少なくとも、「新しいiPhoneがワイヤレス充電器で充電できなくなる」というバグが発生しているようです。 この問題は、AppleのMagSafe充電器でなく、Qi認証の充電器を使用している人にもっぱら影響を及ぼしてい … iPhoneを充電しようとした時、「このアクセサリは使用できない可能性があります」というメッセージが表示されて充電できなくなったことはありませんか? iPhoneが充電できないとバッテリーが切れてしまうため、早めに対処することが大切です。 今回は、エラーメッセージが表示される原因 … ライトニングケーブルが断線してしまっている 6. ちょっと充電してみましたが、 iPhone、動く気配なし。びくともしません。。。 夫によると、 それで全部解決するかはわからないけど、 とにかく充電ができないということは、 バッテリーがおかしいはず、とのこと。 なのでまずはネットで、 純正ではないケーブルを … iPhoneがなぜか充電できないことがあります。そんなときに一時的に対処する方法をお伝えします。また、修理に出すべきか、自分で対処して直してしまうべきかの判断方法も解説します。 INDEXi iPhone Xsを使っていて、 充電ができない 事象にになったことはないだろうか? あなたのiPhone Xsが充電ができない事象が稀に起こるということであれば、一時的なエラーである可能性が高いが、 頻繁に起こる 場合には、あなたのiPhoneの使用方法に原因があることが考えられる。 iPhoneを水没させてしまうと、充電ができなくなってしまうなどの不便な状態になることは十分に起こりえます。 例えば、 充電コードに本体をつないでも充電マークが画面に表示されず充電ができない iPhoneが充電できない原因として水没に心当たりがある場合は、仮に充電できるようになったとしても、修理に出すことをおすすめします。 修理店は正規店と非正規店で分かれるため、自分に適した方を選 … また、iPhone6を水没させると、水濡れにより充電ができなくなることがあります。水に落としてもすぐに異常が出るとは限りません。アプリを開いたり通話をしたりといったことができても、充電ができなくなっているケースがあります。 iPhone 8 以降でワイヤレス充電を試している場合は、まず、デバイスに付属の USB アダプタとケーブルなら充電できるのかを確かめてください。 充電できる場合は、ワイヤレス充電がうまくいかないときの対処法について こちらの記事 を参照してください。 ©Copyright2020 Enjoy iPhone LIFE.All Rights Reserved. iPhoneが水没して充電できない時の 月間300台iPhone修理に携わる 僕なりの見解をご紹介していきます。 1.iPhoneが水没して充電できない時の対処法 1-1.iPhone水没時の対応基本 1-2.水没iPhoneが充電出来ない時の対処流れ 2.水没で充電ができないiPhoneまとめ iPhoneの充電がわずかになり、充電器に繋いで一安心と思いきや、実は充電が出来ていなかったということはよくあります。 iPhoneの画面がチカチカして見える…!画面が「ちらつき」を起こす原因と対処方法, iPhoneの正しい除菌方法って?絶対にやっておくべきiPhone除菌について解説, iPhone画面のタッチ感度がしっくりこない…!タッチ感度を調節して、快適なiPhone操作をする方法. Lightningコネクタに異物が詰まっている 3. Lightningコネクタにホコリが層になって固まっている 2. スマホが水没して充電できない時にはどうすればいいの? この記事を読まれている方は、きっと大半の方がスマートフォンが「水に濡れた」とか「水没させてしまった」とか「水たまりに落としてしまった」などのめっちゃ焦っている方が多いと思います。 濡れたiPhoneが充電できなくなる理由としては、内部に水が入り込んだことによるショート、充電を行う「ライトニングコネクタ」内部の汚れなどが考えられます。 iPhone やアクセサリを守るため、Lightning ポートやアクセサリが乾くまで、充電やアクセサリの接続はできません。. iPhoneの電源が入らない原因はいくつか考えられます。 充電ができていない. 以下のいずれかの警告が表示された場合、iPhone で Lightning ポートや Lightning ケーブルまたは Lightning アクセサリの内部に液体が検知されています。. 実は、充電できない事態が起こったのは5月のはじめでした。修理してから現在まで約1ヶ月、充電は正常にできています。 充電はできません:iPhone を充電器に接続した際に、液体が検出されると表示されます。.